ジープ・コマンダー

ブレーキに関する対策
ダイムラー・クライスラー日本(株)は、平成19年3月27日にクライスラー/ジープ車につきまして下記のリコールを国土交通省へ届け出ました。
ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんが、対象車両をお持ちのお客様は、お早めにお車をご購入いただいたクライスラー/ジープ正規販売店もしくは最寄りのクライスラー/ジープ指定サービス工場へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただければ幸甚に存じます。
オーナーの皆様には案内状を送付させていただきますが、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを、心からお詫び申し上げます。
■不具合の内容
エンジン・ルーム内に搭載されるABS(アンチロック・ブレーキ・システム)ユニットの制御プログラムが不適切なため、後輪ブレーキ力を正常に制御できないものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ABS作動条件下で後輪ブレーキが過剰に作動し、最悪の場合、後輪がロックするおそれがある。
■改善の内容
全車両、ABSユニットのプログラムを対策したものに更新する。
■対象車両
平成18年12月25日から平成19年1月22日に輸入したジープ・コマンダー(GH-XH47、GH-XH57)の58台が対象となります。
型式
通称名
リコール対象車の車台番号(シリアル番号)
の範囲及び輸入期間
対象台数
備考
GH-XH47
ジープ・
コマンダー
1J8H158N37Y525328~1J8H158N77Y535232
平成18年12月25日~平成19年1月22日
52
 
GH-XH57
1J8H158277Y525337~1J8H158247Y533444
平成18年12月25日~平成18年12月25日
6
計58
 
<注意>
※車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれます。
※輸入期間は、ご購入時期とは異なります。
お客様のお車が対象車両かどうかにつきましては、ご購入いただいたクライスラー・ジープ・ダッジ正規販売店もしくは最寄りのクライスラー・ジープ・ダッジ指定サービス工場へお問い合わせ下さい。
(お問い合わせ先参照)
GH-KJ37
■お問い合わせ先
最寄りのクライスラー・ジープ・ダッジ正規販売店へ >> 一覧
●リコール制度についての詳細 >> 制度について
index