先進テクノロジーで見守る安全性能。

走行中をはじめ、あらゆる事態に対応するため、多彩な安全性能を搭載したWrangler。最新のアクティブセーフティシステムの採用で、常に車両の周囲をモニター。万一に備えるとともに、追突などのおそれがある場合は速やかにドライバーに警告します。

強固なボディ

セーフティケージに改良を施すことで、きわめて頑丈なボディを獲得したWrangler。強化された高張力スチールと軽量アルミニウムを組み合わせることで、強度を最大限向上させながら、効率化を図っています。

※写真は一部日本仕様車と異なる場合があります。

※写真は一部日本仕様車と異なる場合があります。

ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション*1

自車と他車との間隔を監視するブラインドスポットモニター。側方や後方の死角に他の車両など物体が入ってきた時、ドアミラー上のアイコンの点灯または警告音で知らせます。またリアクロスパスディテクションは、「R」に入れると起動。後方を横切る車両や歩行者などを検知すると、アイコンの点灯およびチャイムでドライバーに警告します。

写真はイメージです。

写真はイメージです。

スポーツバー 
超硬質スチールを採用したボディ同色塗装のスポーツバー。フリーダムトップ® 3ピース モジュラーハードトップを外した走行時の横転事故などに備えます。 

ヒルスタートアシスト 
オフロードの登り坂や都市の急な坂道などの発進時に、車両の後退を防ぎます。 

駐車をサポートするテクノロジー。

カメラやセンサーを駆使して死角にある他の車両や障害物を検知。ドライバーをサポートします。

エレクトロニック・スタビリティ・コントロール

車両全体に張りめぐらせた安全センサーネットワークにより、車両が横滑りしつつあると判断するとただちに支援機能を起動。複数のシステムやセンサーを協調制御し、必要に応じて作動させます。

トレーラー スウェイ コントロール 
トレーラー牽引時、横風や走行状況によって発生する車両やトレーラーのふらつきを抑制します。エレクトロニック・スタビリティ・コントロールの一部で、自車とトレーラーが正しいコースを維持するようコントロールする機能です。 
セントリーキー盗難防止装置 
1台1台の車両に異なる固有のキーコードを組み込んだ盗難防止システム。正しいキーと認識した場合のみ、エンジンが始動します。 
エンハンストアクシデントレスポンスシステム(EARS) 
事故の際、車内にいる乗員の発見・救出に役立つよう、エアバッグ展開後に室内照明の点灯、ハザードランプの点滅、パワードアロックの解除を実施します。 

*1.車線変更前には必ず周りの車両を目視で確認してください。*2.後退時には必ず周りの車両を目視で確認してください。*3.ParkSense®リアパークアシストは駐車時の補助機能です。駐車場のスペースや状況により作動しない場合もございます。車両の操作をするときは周囲の安全を目視やミラーで直接確認し、適切な運転操作を行ってください。

試乗予約 

カタログ請求 

お見積もり依頼 

ディーラー検索 

特別サポート 

Try Real Adventure  

Jeep® OFFICIAL STORE 

CSV活動