点検・車検

すべては、あなたのJeep®車のために。
Jeep®車のエキスパートが、専用設備と純正パーツで点検・車検を実施します。

ジープ正規ディーラーで点検整備するメリット

1. Jeep®車に特化して技術力を磨いたエキスパートが整備

ジープ正規ディーラーのテクニシャンは、Jeep®車に特化して技術力を磨いたエキスパート。すべての点検・整備作業で、専用設備と純正パーツを使って最高の品質と技術力をお届けします。
※新車登録した日から一定期間または一定距離までの「新車保証」の適用を受けるためには、ジープ正規ディーラーで点検整備を受けていることが基本要件になっています。

2.専用診断機(wiTECH)を活用して点検整備できる

Jeep®車は、とくに電子制御式システムや電装系統の情報などクルマ自体の状態を知ることができる自己診断システムと、それらの情報を外部の専用診断機へ伝えるための自己診断コネクターを備えています。たとえば、一時的な異常で表示灯や警告灯が点灯しすぐに消えた場合でも、異常が起きた状況を記憶。後日専用診断機に接続すれば、発生当時の状況を知ることができます。複雑に進化した電子制御式システム満載の最新モデルでも、短時間で不具合個所を特定。解決に導くことができます。この専用診断機はジープ正規ディーラーに常備されています。

3.専用工具を完備している

パーツを分解したり組み立てるとき、Jeep®車またはそのモデル専用の工具が必要になる場合があります。ジープ正規ディーラーでは、Jeep®車に特化した専用工具をすべて完備しているため、作業効率が高く、迅速で確実な整備による最高のサービスを提供することができます。

4.最新情報を常に維持できる

ジープ正規ディーラーにはデトロイトからの最新情報がいち早く届くため、常に最新情報と最適な方法による点検整備を実施できます。たとえば、より性能の高い新製品がアメリカで承認されると、日本のすべてのジープ正規ディーラーに通達され、次の交換時期を迎えたときには改良品を充当することが可能となります。

5.車検を正規ディーラーで受けていただくと、もれなくFCAプレミアム プラス(車検付帯)をプレゼント

FCAジャパン株式会社の正規輸入車を正規ディーラーにて車検実施いただいたお客様に、次回車検満了日までの2年間、計2回(年度ごとにいずれか1回)左記補償を無償提供するサービスです。FCA自動車保険プランにご加入の方は、保険プランに付帯のFCAプレミアム プラスも併用です。

点検・車検の流れ

  • 1.ご予約
  • 2.ご入庫
  • 3.車両確認・お見積もり
  • 4.整備(修理)
  • 5.完成検査
  • 6.作業内容のご説明
  • 7.次回整備時期のご案内
  • 8.フォローアップ・コール

点検・車検

■ 点検と整備の重要性

新車時に比べ、走行距離や経過時間に応じてクルマのコンディションは変わります。機能が低下した状態を放置していると「故障」を引き起こし、状況によっては走行不能や事故の原因になることがあります。そのため、いつまでも新車時の性能を維持して予期せぬトラブルを防ぐよう定期的なメンテナンス(点検と整備)が重要となります。

日本国内でクルマを使用するために、クルマのユーザーは、故障を未然に防ぎ、本来の性能を維持するための点検や整備をユーザーの責任で実施する義務が法令で定められています。また点検や整備を終えたあと、その結果をメンテナンスノート(点検整備記録簿)に記録し、保管する義務もあります。

1.日常点検

クルマのユーザー自身が実施する点検。

給油時や洗車時、長距離ドライブ前など適切なタイミングに実施することが法令で義務づけられています。工具も必要なくメンテナンスノートを読めばカンタンに実施できる点検で15の項目があります。もちろん点検をジープ正規ディーラーに委託することもできます。

「日常点検」の点検項目

  • エンジンルームまわり ・ウインドーウォッシャー液の量
    ・ブレーキ液の量
    ・バッテリーの充電状態、または液量
    ・冷却水の量
    ・エンジンオイルの量
  • クルマの周囲 ・タイヤの空気圧(スペアタイヤも含む)
    ・タイヤの亀裂、損傷、摩耗
    ・タイヤの溝の深さ
    ・車外ランプの点灯・点滅状態、レンズ部の汚れや損傷
  • 運転席まわり ・ブレーキペダルの踏みしろ
    ・ハンドブレーキの引きしろ
    ・ウインドーウォッシャーの作動
    ・ワイパーの作動、拭き取り状態
    ・エンジンのかかり具合、始動後に異音がないこと
    ・エンジンの低速、加速の状態

2.定期点検整備検

経過時間ごとに実施する点検と整備。

クルマの故障を未然に防ぎ、本来の性能を維持するための定期点検整備で、ユーザーの義務として法令で定められています。法令で定める「12か月点検」の点検整備項目※は26個所、「24か月点検」は56個所。すべての自家用車を対象にしているため、Jeep®車に該当しない項目も含まれます。必ずジープ正規ディーラーで実施してください。

※点検整備項目はJeep®車に付帯するメンテナンスノートにも記載しています。

  • エンジンルームまわり ・パワーステアリングベルトのゆるみ、損傷
    ・スパークプラグの状態
    ・ディストリビューターキャップの状態
    ・バッテリー液の量
    ・バッテリーターミナルの接続状態
    ・排気ガスの状態
    ・エアクリーナーエレメントの状態
    ・ファンベルトのゆるみ、損傷
    ・冷却水の漏れ

    運転席まわり ・ブレーキペダルの遊びと床板のすき間
    ・ブレーキの効き具合
    ・パーキングブレーキレバーの引きしろ
    ・パーキングブレーキの効き具合
    ・クラッチペダルの遊び、切れたときの床板とのすき間
  • 足まわり ・ブレーキマスターシリンダー、ホイールシリンダー、ディスクキャリパーの液漏れ
    ・ブレーキドラムとライニングとのすき間
    ・ブレーキシューの摺動部とライニングの摩耗
    ・ブレーキディスクとブレーキパッドのすき間
    ・ブレーキパッドの摩耗
    ・タイヤの状態(摩耗、外観状態、空気圧)
    ・ホイールボルト、ナットのゆるみ

    下まわり ・エンジンオイルの漏れ
    ・ブレーキホース、パイプの液漏れ、損傷、取り付け状態
    ・トランスミッション、トランスファーのオイル量、オイル漏れ
    ・プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部のゆるみ
    ・エキゾーストパイプ、マフラー、遮熱板のゆるみ、損傷

車検時には、以下の30項目が追加されます。

  • エンジンルームまわり ・パワーステアリングのオイル量、オイル漏れ
    ・パワーステアリング装置の取り付けのゆるみ
    ・点火時期
    ・電気配線接続部のゆるみ、損傷
    ・燃料漏れ
    ・ブローバイガス還元装置のメータリングバルブの状態
    ・ブローバイガス還元装置の配管の損傷
    ・燃料蒸発ガス排出抑止装置の配管などの損傷
    ・燃料蒸発ガス排出抑止装置のチェックバルブの機能
    ・チャコールキャニスターのつまり、損傷
    ・触媒など排出ガス減少装置の取り付けのゆるみ、損傷
    ・排気ガス再循環装置の機能
    ・減速時排気ガス減少装置の機能
    ・一酸化炭素など発散防止装置の配管の損傷、取り付け状態

    運転席まわり ・ハンドル操作の具合
  • 足まわり ・ホイールアライメント
    ・ブレーキマスターシリンダー、ホイールシリンダー、ディスクキャリパーの機能、摩耗、損傷
    ・ブレーキドラムの摩耗、損傷
    ・ブレーキディスクの摩耗、損傷
    ・フロントホイールベアリングのがた
    ・リアホイールベアリングのがた
    ・サスペンション取り付け部、連結部のゆるみ、がた、損傷
    ・ショックアブソーバー(ダンパー)の損傷、オイル漏れ

    下まわり ・ステアリングギアボックスの取り付けのゆるみ
    ・ロッド、アーム類ボールジョイントのダストブーツの亀裂、損傷
    ・ステアリングのロッド、アーム類のゆるみ、がた、損傷
    ・プロペラシャフト、ドライブシャフトの自在継ぎ手部ダストブーツの亀裂、損傷
    ・ディファレンシャルオイルの量、漏れ
    ・マフラーの機能

    クルマの周囲 ・フレーム、ボディのゆるみ、損傷

3.メーカー推奨点検

Jeep®がJeep®車本来の性能維持のために独自に設定し、推奨する点検です。

Jeep®がJeep®車本来の性能維持のために独自に設定し、推奨する点検です。走行距離や経過時間に基づき、ジープ正規ディーラーで点検し、必要に応じて整備やパーツ交換を実施します。たとえば、エンジンオイルの交換時期は「日常点検」をはじめ「12か月点検」、「24か月点検」の点検項目には含まれないため、Jeep®が指定する時期に点検や交換が必要になります。

※詳しくは、Jeep®車に付帯するメンテナンスノートを参照するか、ジープ正規ディーラーへお問い合わせください。

  • ◆タイヤの摩耗、外観状態、空気圧
    ◆ランプの点灯状態(車外ランプ、車内ランプ)
    ◆ワイパー、ウインドーウォッシャーの作動
    ◆ワイパーブレードの作動範囲、摩耗
    ◆目視による外観および異音の発生状態点検:
     ・ボディまわり、下まわりの状態
     ・配管など(排気管、燃料供給系統、ブレーキ液配管)
     ・ゴム製パーツ(各種ブーツ、シールカバー、ブッシュなど)
    ◆フロントブレーキパッドの摩耗
    ◆各種液量の点検・補充
    ◆パーキングブレーキの踏みしろ
    ◆排気ガス中CO、HC濃度
    ◆自己診断コネクターと専用診断機を利用した点火系統、および燃料噴射システムの点検
  • ◆ブレーキ液の交換
    ◆タイヤのローテーション
    ◆トランスミッション(ATF)の交換 <装備車>
    ◆ディファレンシャルギアオイルの交換
    ◆スパークプラグの交換
    ◆エアクリーナーエレメントの交換
    ◆エンジンオイル、オイルフィルターの交換
    ◆トランスファーオイルの交換
    ◆マニュアルトランスミッションオイルの交換
    ◆補機類駆動ベルトの目視状態(摩耗、損傷)、交換
    ◆エンジン冷却水の交換
    ◆ブローバイガス還元装置PCVバルブの交換

4.車検

国が定めた「保安基準」に適合しているかどうかを厳密にチェック。

排ガス中の有害成分などが規制値を超えていないか(環境性)、ブレーキが確実に効くか(安全性)など、国が定めた「保安基準」に適合しているかどうかを厳密にチェック。日本国内の法令で義務づけられた車両の状態を点検する検査です。車検を受けるときは毎回「24か月点検」の実施が必要で、車検は走行距離にかかわらず、新車購入後の初回は3年後、以降は2年ごとに受けて合格する必要があります。

※車検場ではブレーキの制動力を専用テスターで検査しますが、ブレーキ液が漏れていないか、ブレーキパッドが著しく摩耗していないかなどはチェックせず、「24か月点検」の点検整備により、それらの不具合が解消されることが前提になっています。つまり、車検に合格することと24か月点検整備を受けることは別のことです。


ジープ正規ディーラーでの車検は、車検に合格するだけでなく経験豊富な専任テクニシャンによる車検整備(24か月点検)を実施して車検検査項目以外の点検個所や、Jeep®が定めたメーカー推奨点検個所も点検整備するため、Jeep®車本来のパフォーマンスを維持でき、安心度が非常に高いといえます。つまり、ジープ正規ディーラーでの車検整備は唯一無二の選択なのです。