全国メーカー希望小売価格
¥ 3,963,600
(税抜価格:¥ 3,670,000)

ディーラー検索 カタログ請求

OVERVIEW

エクステリア

伝説を継承するオンリーワンのスタイル。

1941年に軍用4輪駆動車として誕生したウィリスMBをルーツとするJeep® Wrangler。70年の歴史の中で進化を繰り返しながら、機能に裏打ちされたデザインのDNAは脈々と受け継がれてきました。ボクシーなフォルム、7スロットグリルと丸型ヘッドライトで構成されたフロントマスクなど、Jeep® Wranglerは他のどのSUVとも似ていません。

インテリア

冒険を心から楽しむための、快適なインテリア。

シンプルで機能的なJeep® Wranglerのコクピット。メーターやスイッチ類は操作性を最優先してレイアウトされており、大自然との格闘を心から楽しんでいただけることでしょう。インテリアには、厳選された素材と装備を採用。心地よく静かな空間の中で、荒々しい冒険に挑む。それもまた、Jeep® Wranglerならではの醍醐味と言えます。

パフォーマンス

道を選ばない、比類なき頼もしさ。

「どこへでも行ける。何でもできる」。Jeep® Wranglerを一度でも操れば、この言葉が決して大袈裟ではないことがご理解いただけることでしょう。数々の先進テクノロジーが、あらゆる道で頼もしいパフォーマンスを発揮。胸が高鳴る冒険の世界へとあなたを誘います。

安全性

大いなる冒険をサポートする、揺るぎない安全性能。

Jeep® Wranglerの冒険を支えるものは、最高レベルまで磨き上げられた「安心感」です。ボディ剛性、強度、耐久性を高めるボディオンフレーム構造の採用にはじまり、数々の先進テクノロジーを搭載。挑戦する歓びを追求していく限り、Jeep®の安全性能の進化は終わりを迎えることはありません。

EXTERIOR

フリーダムトップ™3ピース モジュラーハードトップ

取り扱いと収納が簡単な3枚のパネルに分割されたハードトップを採用。オープンエアドライビングの心地よさを存分に満喫できます。

ボディ同色オーバーフェンダー/ハードトップ

スタイルの統一感を演出する、ボディ同色のオーバーフェンダー&ハードトップを標準装備。唯一無二のスタイルに、さらなる存在感を加えています。ハードトップには全モデルとも大型のサイドウィンドウとリアガラスを採用したことで、視野が広く確保されています。樹脂製のモジュラーハードトップは、操作性と収納性に優れた扱いやすい3ピース構造になっており、リアワイパー/ウォッシャーとデフロスター、フルメタルドア、ディープティンテッドガラス、および収納バッグを備えています。

ホイール

Jeep® Wranglerのホイールは、冒険心に満ちたドライブを足元から支えてくれます。オフロード走行時に万一のことがあっても傷がつきにいよう、ほとんどに凹面デザインを採用。アルミホイールによりバネ下重量が軽減されることで、より正確なステアリング操作と優れたハンドリング特性を実現します。

INTERIOR

上質感に満たされたインテリア

インテリアには細部までシルバー加工が施され、高級感あふれる仕上がり。また、ステアリングホイールを握っていても、スピードコントロール、オーディオ、エレクトロニック・ビークル・インフォメーションセンターを手元で快適に設定できます。

プレミアムインストルメントクラスター

プレミアムインストルメントクラスターゲージは、航空機の計器類を模したデザインが特徴的。スタイリッシュなクロームトリムリングをあしらった大型のメーターは、視認性に優れ、コンパス、温度計に加え、平均燃費、ガソリン残量、走行時間などの情報を表示するトリップディスプレイも備えています。

サウンドシステム

サブウーハーを搭載した6基のアルパイン製スピーカーを備えたシングルDVD(MP3・WMV対応)/AM/FMラジオを標準装備。2基のスピーカーはサウンドバーに内蔵され、臨場感を高めています。

大容量カーゴルーム

可倒式のリアシートを折り畳めば、積載量が大幅にアップ。バックパックや愛犬のスペースにも変化します。さらにリアフロア床下にある収納スペースは、ジャッキや工具はもちろん、貴重品などの保管に便利です。

ウォッシュアウトインテリア

排水栓とフロアカーペットを外せるため、室内を水洗いすることができます。Jeep® Wranglerなら、アウトドアを満喫した後の泥汚れの心配はありません。いつでも清潔な状態で、新たな冒険を楽しむことができます。

PERFORMANCE

3.6ℓペンタスター™V型6気筒エンジン

デュアルオーバーヘッドカム(DOHC)と可変バルブタイミング(VVT)を最大限に活かし、全ての回転域で最適な燃費を実現。最高出力209kW(284ps)、最大トルク347N・m(35.4kg・m)を発生しながら、7.9km/ℓ※の燃料消費率を実現しています。
※Jeep® Wrangler SaharaのJC08モード燃料消費率。燃料消費率は、定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃費は異なります。なお、10・15モード走行に比べより実際の走行に近くなるように新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。

電子制御式スロットル コントロール(ETC)システム

4×4ローレンジで走行する際のアクセルの踏み込み量を自動調整。凸凹地形、岩場、丸太の上などを走行するときに必要となる微妙なアクセルワークを的確にサポートします。

モノチューブショックアブソーバー

調整式モノチューブショックアブソーバーには、専用のロースピード調整式バルブを採用。低速走行時には岩場での接地感を高め、高速走行時には快適なクルージングを実現します。

ヒルスタートアシスト(HAS)&ヒルディセントコントロール(HDC)

HASは、急勾配の上り坂で、ドライバーがブレーキペダルから足を離してから約2秒間車体を静止させ、アクセルペダルを踏み込む時間を作ります。またHDCは、滑りやすい急勾配の路面でも停止状態から安定した降坂が可能です。

SAFETY

マルチステージフロントエアバッグ※

衝撃の強さに応じてエアバッグを膨らませ、瞬時に乗員の安全を守ります。

サイドエアバッグ※

側面衝突の際に、運転席・助手席それぞれの外側からエアバッグが作動します。専用の衝突センサーが個別に搭載されているため、衝撃が加わった方のエアバッグだけが作動します。
※エアバッグは、シートベルトとともに使用することで効果をもたらしますので、正しい姿勢で座り、シートベルトを必ず着用してください。

エレクトロニック・スタビリティ・プログラム(ESP)※

クルマの動きをモニターし、必要に応じて進路の補正、ブレーキ、エンジンのトルク制御を自動で行います。同時に運転の危険性を感知した場合、エンジンのパワーやブレーキなどの制御を自動で行い、横転を未然に防ぎます。特に滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、安心してドライビングをすることが可能です。
※ESPの効果は、タイヤのグリップ力が限界を超えない範囲で発揮されます。常にシートベルトを締め、天候と道路のコンディションに合わせた安全運転を心がけてください。

セントリーキー® 盗難防止装置

キーに組み込まれているのは、自分の車両としか一致しない唯一のキーコード。これであなたの愛車は守られます。