上質な日常をあらゆる角度から見守る。

常にすべての乗員を安全に目的地まで誘うことを目指したセーフティ&セキュリティ。検知した交通標識に基づいて車両の最高速度を自動調整するインテリジェントスピードアシスト、ドライバーに車線内での走行を維持するよう促すアクティブ レーン マネジメント、歩行者やサイクリストとの衝突の回避や衝突時の被害軽減に寄与する衝突被害軽減ブレーキ(歩行者、サイクリスト検知機能付)などの先進性能が、360度に渡る安全サポートを提供します。

大きな安心をもたらす
エアバッグシステム*1


フロント エアバッグ、フロントシートサイドエアバッグ、そしてフロント補助サイド カーテン エアバッグのすべてが連携し、万一の際に瞬時に展開し、車内の乗員を強い衝撃から保護します。

ParkSense®フロント / リアパークアシスト*2


駐車の際、車両前方の障害物を感知し物体に接近しすぎた場合、音声で警告。また、車両後方の死角に障害物がある場合、距離を検知し画面表示で知らせます。


先進のドライバーアシスト

アダプティブクルーズコントロール
<STOP & GO機能付>*3


速度を自動調節することで、前方車両との安全な車間距離をキープ。前方車両が停止すると、車両を停止させるよう制御。前方車両が動き出すとドライバーの操作なしで直前の走行速度に復帰します。さらに衝突防止のため、一定の状況でドライバーの操作なしで車両を停車させる機能も搭載しています。

ブラインドスポットモニター /
リアクロスパスディテクション*4


側方や後方の死角に車両などが検知されると、最初にドアミラーの警告灯(アイコン)の点灯で警告し、次にその警告と同じ方向に方向指示器を作動させるとチャイムが鳴り、ドライバーに危険を知らせます。


フルスピードフォワードコリジョンワーニング
<前面衝突警報>*5


他の車両に急接近するとセンサーが検知し、ドライバーに音と表示で警告。さらに、必要な場合はブレーキも作動させます。

※フルスピードフォワードコリジョンワーニング<前面衝突警報>は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。

ドライバーアテンションアラート


車両の挙動を監視し、走行車線からの逸脱やステアリング操作などからドライバーの疲労や居眠り運転を検知。パラメータが一定レベルを超えると音声と表示で警告を発し、ドライバーに注意を喚起します。

衝突被害軽減ブレーキ
(歩行者、サイクリスト検知機能付)*6


歩行者やサイクリストを認識し、衝突する危険性が高い場合、ドライバーへの警告とともに自動でブレーキをかけ、衝突の回避や衝突時の被害軽減に寄与します。

アクティブ レーン マネジメント


左右の道路上の車線を検知し、ドライバーが方向指示器を作動させずに車線を逸脱した場合は警告すると同時にステアリングにアシストトルクを加えることでドライバーに車線内での走行を維持するよう促します。またドライバーが方向指示器を操作し、車線変更を試みた際にはブラインドスポットのレーダーが作動し、後方からの車両を検知。死角にいる他の車両との衝突を避けるためにステアリングを補正します。

オートブレーキホールド


ドライバーがアクセルを踏むまでの間、ブレーキを維持して車両が動き出すのを制御します。特に発進と停止を繰り返す街走や渋滞の際に便利です。

エレクトロニック・スタビリティ・ コントロール*7


車両全体に配置されたセーフティセンサーにより、コース逸脱のおそれがあると判断するとただちに支援機能を起動。エレクトロニック・ロール・ミティゲーション、ヒルスタートアシスト、アンチロックブレーキシステム、アドバンストブレーキアシスト、オールスピードトラクションコントロール、トレーラー スウェイコントロール間の調整を行い、必要に応じてこれらを起動します。

キーレスEnter’N Go


キーフォブを財布やポケットに入れたまま、ドアハンドルに手をかけるだけでロックを解除して乗り込めます。ブレーキペダルを踏みながら「START / STOP」ボタンを押すだけでエンジンが始動。シフトレバーを「D」ポジションに入れればいつでも発進可能です。


サラウンドビューカメラシステム


トップビュー、リアビュー、パノラマビューなど多角的な角度からの映像をつなぎ合わせてディスプレイに表示し駐車操作をアシストします。ドライバーが自分でステアリングを操作する場合もパーキングアシストシステムを使用する場合も役立つ機能です。

ParkSense® 縦列 / 並列パークアシスト・ アンパークアシスト*8


駐車場での入庫および出庫の際、ステアリングをコントロールし操作をアシストします。ステアリングホイールに触れる必要はありません。ドライバーの操作は、必要に応じてシフトレバーとブレーキを操作するだけです。

*1 フロントエアバッグは、高性能エアバッグに関する米国連邦規則による認証を取得しています。身長140cm未満のお子様は、常に後部座席に座らせ、必ずシートベルトを着用させてください。助手席に後ろ向きの幼児用シートに乗せた赤ちゃんを絶対に乗せないでください。すべての乗員はシートベルトを必ず正しく着用してください。
*2 ParkSense®フロント / リアパークアシストは駐車時の補助機能です。駐車場のスペースや状況により作動しない場合もございます。車両の操作をするときは周囲の安全を目視やミラーで直接確認し、適切な運転操作を行ってください。
*3 アダプティブクルーズコントロール(START&STOP機能付)の制御には限界があります。このシステムは追突による被害軽減を目的とした機能で、自動で追突を回避するものではありません。また道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
*4 車線変更前には必ず周りの車両を目視で確認してください。
*5 フルスピードフォワードコリジョンワーニング<前面衝突警報>は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。
*6 衝突被害軽減ブレーキの作動には一定の条件があります。また道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては作動しない場合があります。ドライバーは本機能を過信せず、細心の注意をはらって運転操作を行ってください。
*7 いかに高性能なシステムでも、物理法則を覆したり、不注意な運転をカバーすることはできません。雪や氷その他の条件は、トラクションに悪影響を及ぼす可能性があり、このため車両性能には限界が生じます。エレクトロニック・スタビリティ・コントロール警告灯が点滅している場合、ドライバーはアクセルペダルをゆるめ、道路状況に合わせて速度と運転挙動を調節する必要があります。状況に合わせて、常に注意して運転し、 必ずシートベルトを着用してください。
*8 ParkSense®縦列 / 並列パークアシスト・アンパークアシストは駐車時の補助機能です。駐車場のスペースや状況により作動しない場合もございます。車両の操作をするときは周囲の安全を目視やミラーで直接確認し、適切な運転操作を行ってください。

Jeep Real 

Jeep® OFFICIAL STORE 

CSV活動