Cherokee 一時販売休止のお詫び
車両部品供給不足のため、当モデルの生産が遅れているため一時販売を休止しております。
販売再開の見通しが立ちましたら、改めてご案内いたします。

※このページの写真は、一部日本仕様車と異なる場合があります。

Cherokeeは「サポカー補助金」対象車です

「サポカー補助金」は、65歳以上のドライバーを対象とした交通事故防止対策の一環として、令和2年3月9日より導入される制度のことです。 「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」となる歩行者検知機能付き前面衝突警報(クラッシュミティゲーション)搭載のCheorkeeを購入をする場合、政府からの補助金が交付されます。 ※申請総額が予算額を超過次第、募集は終了となりますので予めご了承ください。

※サポカー補助金の対象は、令和元年12月23日以降に新車として新規の登録・検査届出された自動車となります。※補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。※自家用自動車については、補助の交付は、1人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります。※事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の高齢運転者の人数までが上限となります。※車両登録・届け出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。交付決定後申請者に直接交付されます。※サポカー補助金対象の機能(歩行者検知機能付き前面衝突警報(クラッシュミティゲーション))は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。※サポカー補助金の申請手続き等については、ジープ正規ディーラーまでお問い合わせください。

GALLERY

EXTERIOR

INTERIOR

CAPABILITY

SAFETY & SECURITY